【失恋】恋人と別れた理由の親や友達への上手な説明の仕方

失恋をして、もう明日から仕事や学校に行きたくない。
家にも帰りたくない。
誰の顔も見たくない。
そんな時、絶対に悩む恋人との別れの報告をどうやって友達や親にするか
その方法をお伝えします。

親や友達へ恋人との別れの報告はいつすればいい?

ズバリ、可能な限り早く!が答えです。
というのも、疎遠になっている友人に報告は不要ですが
身近な人、職場の仲の良い人や、同居の家族などには
早めに言うほうがいいでしょう。

別れの説明は早めがいい理由は?

とはいえ、まだ心の整理もできていない状態で
周りに説明するのはとても勇気が入りますよね。
別れをまだ受け入れられない場合、説明するだけで滅入ってしまうと思います。
なぜ別れて辛い状態で周りにまで説明をしなくてはいけないのか。

身近な人が一緒に失恋の痛みをわかってくれる

親しい友人は、あなたの失恋を癒すために
しっかりと話を聞いてくれます。
誰かに話すことで、まとまらないあなた自身の気持ちが
少しは落ち着いて来るはずです。

別れたという現実を受け止められる

客観的な意見を聞くことで、本当に終わったんだと実感できます。
長くいればいるほど、家族のようだった恋人には
未練が残り、明日からの恋人がいない未来が嘘のように感じると思います。
ですが、誰かに話すことで、実際に起きた現実を
客観的に受け止めることができるはずです。

別れの理由の上手な説明方法

では、どうやって説明をしたらいいのでしょうか。
答えは簡単です。
価値観の違いで。
それだけ言えばいいのです。
本当は浮気だろうと、喧嘩だろうと、別れは別れです。
もしあなたが話して楽になるのであればいいですが
誰かとたらればを言っても未来が変わる可能性は少ないです。

親や友達に心配させない上手な立ち回り

そして親や周りの友達に、心配や同情されたくない時もありますよね。
そんな時はこうやって言いましょう。
別れてよかった。
これだけであなたの身に起きた悲劇は一気に良いことに変わります。
本当は寂しい、辛い、苦しい、そんな気持ちがありますよね。
そんな時は、正直に伝えて構いません。
ですが、最後にこの一言を添えましょう。
それだけで、周りはあなたの決断や別れた事実を肯定してくれます。
例;今は寂しくて辛いけど、別れてよかったと思う。

絶対だめ!NGな別れの理由説明方法

反対に、言うとよりややこしくなる説明方法もあります。
それは、相手を責める言葉です。

もちろん相手が悪くて別れた場合、グチを言いたくなりますよね。
それでも、あなたが自分を被害者面をすればするほど、
周りはあなたに同情をして哀れに思います。
本当に信頼できる友達ならば素直に打ち明けて構いません。
だけど、この別れであなたが自分の価値を落とす必要はないので
相手を罵るようなことだけは、避けましょう。

この記事のまとめ

いかがでしたか。
長く付き合えば付き合うほど、別れた時は周囲への説明が大変ですよね。
そんな時はなにも考えず、ぜひ上記を実践してみてください。
終わる頃には、新しい恋愛をする気持ちが芽生えますように。
幸せが見つかりますように。
新しい恋を始めるのなら、ペアーズがおすすめです。

http://pairs.lv

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です