結婚式の費用、平均はどのくらい?抑えるコツも要チェック!!

結婚式の費用ってどれくらいかかるの?平均してみんなどれくらい払ってるのかな?
人生のひとつの晴れ舞台「結婚式
いざ挙式の準備をしようとなると、費用のことがやっぱり気になりますよね。
そこで今回は結婚式の費用は平均してどれくらいかかっているのかを調べてみました!
結婚式の費用を抑えるコツも同時に載せていますので、これから結婚式の準備を始める、または、今まさに計画中の方は是非チェックしてくださいね!

結婚式の費用の平均


結婚式の費用は、招待人数やこだわりたいポイントによっても少しづつ変わってきます
今回は平均的な結婚式費用をメインにお知らせしますので、自分のプランと照らし合わせて、満足いく結婚式のために必要な費用はどのくらいか、考えてみてくださいね。

  • 全国平均の費用総額

2017年の挙式、披露宴・パーティ費用の総額は平均して約354.8万円という数字が出ています。
あくまでも相場ですので、場合により金額は様々です。
式場の見積もりを取ってもらって実際の金額を調べることも大切ですからね。

招待者の人数
結婚式に招くゲストの平均的な人数は70.2人というデータが出ています。
  • 結婚式費用の夫婦での自己負担額

新婚夫婦の自己負担額は189.7万円程度が平均のようです。
中には自己負担額ゼロだったという新婚夫婦もいらっしゃるようですね。

  • 費用はどこから出していますか?

新婦・新郎の貯蓄を合わせたものに、親からの援助金と、招待ゲストからのご祝儀を足したものが、結婚資金となります。

地域によって多少の差はありますが親からの「援助があった」人が大半です。

全国的にみても、7割から8割強の人が結婚資金の援助をもらっています。

親族ゲストが多いと自己負担額が少なくなる
おじさん、おばさんなど、年上の親戚や、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟姉妹などは、多めにご祝儀を包んでくれることが多い傾向があります。
  • ご祝儀の総額平均

招待する人数によっても変わってきますが、全国平均ではゲストからいただくご祝儀の平均は227.4万円となっています。
親や、親族からの援助額の平均は171.9万円というデータが出ています。

  • 結婚式の費用は式の1〜2週間前に支払うのが一般的

ブライダル業者によっても変わりますが、結婚式費用の支払いは前払いになることが一般的ですので、あらかじめ用意できるようにしておきましょう。
ご祝儀を支払いに充てようと考えている方は要注意です

  • お金をかけるところはしっかりかけましょう

お金をかけるポイントを絞ってプランを決めていくのがオススメ
お料理・引出物・装飾の花などは、節約してしまうと手抜きだと見抜かれるポイントになってしまいます。

結婚式のご祝儀の見積もり方


ゲストからいただくご祝儀ですが、お互いの関係性よっても金額が変わってきます。
招待する人数と、関係性をざっくりと考えてご祝儀の予算を概算しておくと良いでしょう。

  1. 友人 約3万円
  2. 上司 約4万円
  3. 親族 約6.6万円
  4. 恩師 約6.6万円

これに加えて、仕事場の同僚や先輩などは3万円夫婦で出席するゲストは5万円程度と考えておけば良いと思います。

ご祝儀に頼りすぎは禁物
ご祝儀は大前提として相手からの「お祝いの気持ち」だということを肝に銘じておきましょう。
概算は良しとして、自分たちの結婚資金メインで余裕を持ったプランを考えましょう

結婚式の費用を抑えるコツ


素敵な結婚式にしたいけど、できれば必要ない出費はさけたいですよね、そこで結婚式の費用を抑えるコツを紹介します。

  • 人気シーズンを避ける

人気シーズン以外の日程を選ぶことによって結婚式の費用を抑えることができます。
4月中旬から5月10月から11月は人気シーズンなので費用は高くなります。
また、大安や友引の日柄や、土日もやはり費用が高くなりますので、できるなら他の日程で組んでいくと費用を抑えることができます。

  • 数カ所の見積もりをとって交渉してみる

いくつか気になった式場で実際に見積もりをとってみて、気になるポイントがあれば交渉してみると、費用が抑えられる場合があります。
結婚式の費用を交渉するのは気がひける」という方もいらっしゃるかもしれませんが、気になる点があればさらっと質問してみると良い結果につながるかもしれませんよ

  • ネットの紹介サイトを利用する

インターネットの式場紹介サイトから調べると、相場よりも安いプランを見つけられることがあります
ネット割引などもありますし、時間の節約にもなるので、調べてみて気になる式場があれば足を運んでみるといいですね。

  • クレジット決済可能か確認する


結婚式の費用は前払いが一般的ですが、最近はクレジット払い対応の式場もあるようです
支払い限度額についてですが、カード会社によっては一時的に限度額を上げてくれる会社もあるようですので、クレジット検討の場合は問い合わせしてみると良いでしょう。
ご祝儀をいただいた後に実際の支払いが行えるので、場合によって検討してください。

  • 持ち込みできるものを使う

必要なアイテムを持ち込みで対応することで、費用が抑えられる場合があります。
衣装など「持ち込み料」がかかるものと、ブーケやペーパーアイテムなど持ち込み料がかからないものがあります。

注目!!
結婚式で流すプロフィールムービーは、式場提携業者よりも、ネットで映像制作の業者に依頼した方が費用は安くなります。
結婚式のムービー制作業者オススメ13選!オシャレにHappy Wedding!>>>
式場ごとに規約は違いますので、持ち込みを検討する場合は必ず事前に確認してトラブルのないようにしましょう。
その他結婚式関連の記事はこちら!

結婚祝いのお返しにもらって嬉しいギフト6選!【マナーもチェック】

2018年6月25日

結婚指輪の相場はどれくらい?選び方は?【重要】

2018年6月27日

結婚式の費用平均と抑えるコツのまとめ


結婚式の費用が平均どれくらいなのか、だいたいのイメージはつかめましたでしょうか?
結婚式の費用を抑えるコツも参考にしてくださったら幸いです。
最終的にはプランナーとしっかり相談して、納得いくまで話し合うことが大切です。
はじめにも言ったように、招待する人数やこだわるポイントによっても費用は変わってきますので、相場と見比べて、無駄な出費のないかつ満足できる結婚式を挙げられるようにプラン立てしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です