ブスをなめるな!超初心者が恋愛テクニックでモテ女へ変身する方法

こんにちは、ブスです。。。
あっ、すいません。
無理な入りでしたね。今回は小学生の頃から中学生までブスと言われ続けた。
悲劇すぎる闇歴史を持つ私が、高校時代からかれこれ10数年恋愛テクニックを磨きに磨いてやっとブスという評価を覆す事が出来たので、この記事で世の中の自分はブスなんじゃないだろうか?と密かに疑問を抱いている女性たちに向いて記事を書いていきます。

注意
大概自分自信をブスだって思い込んでる人は、勝手に自分でブスだと思い込んでいるだけで、自己暗示にかかっているだけなので、この記事を読み終えたらきっと自分がブスじゃないことに気付くと思いますよ。
私自身がブスの壁をぶち破るまで時間が結構かかったけど、読者さんにはできるだけ早くに突破してもらいたいのでちょっと荒療治しますね♥

そもそもブスってなんだろう


ブスの定義はなんだと思います?
目鼻立?一重まぶた?出っ歯?いろいろ思いつくと思いますが、実際にブス定義で調べてみると特に定義付けはされたません。じゃあ、あなたは何で自分をブスだって思う?
私が思うにブスって所詮他人の評価なだけ、特に小学校や中学校だと各個人に主体生が備わっていないから、男子が好きな子に照れ隠しで言った「ブス」って言葉で簡単に死亡フラグ発生しちゃいます。悲しすぎる学生の性ですね。
現に私の小学生から発生したブス疑惑はからかっていただけだって、この前行った10数年ぶりの同窓会で男の子達が話してました。
何でこの話をしたかというと、多くの自分をブスと思っている女性は、定義がないフワフワしたブスって言葉に踊らされているだけなんですよね。
環境が変わったら、自分に対する評価ってガラッと変わるので、もしあなたのブスが周りに定着しているようなら、一回で良いので、あなたのことを誰も知らない人が集まる場所に、全力のおしゃれをして行ってみてください。
きっと世界が変わりますよ。この考え方がこれから教える恋愛テクニックに大きく影響してくるので、まずは「自分自身がブスじゃないって考えましょ。
気楽にね!
それではここからが本番!恋愛テクニックでモテ女へ変身しちゃいましょ!

ブスでも恋愛テクニックを使うとモテ女へ変身できる?


ブスでも恋愛テクニックでモテ女になれるって本当って思う方多いと思いますが、結論から言うと100%なれます。
これ断言します。なのでまずは何回も言うように考え方を変えてくださいね。
確率と数字の話になるけど、99人があなたをブスって言っても、綺麗だねって言ってくれる人が1人いれば確率は1%、全世界で考えれば結構いい確率で出会いもあると思いますよ。
だって100万人の都市に住んでいるのなら、あなたの事を好いてくれる人が1%なら1万人もいる計算になるんだから。
すごいでしょ!
今回お伝えするテクニックは、あなたを好いてくれる人のパーセンテージを上げていくテクニックになります。
この恋愛テクニックを使ってあなたがブスを卒業できるように書いていきますね!

【初級編】ブスからモテ女へ変身する恋愛テクニック〜外見を変える


はい!ブスからモテ女へ変身する講座始まり始まり〜
最初は初級編です。初級編は基礎の基礎から固めていきます
ブス脱却するためには、自分がどう思っていおるかなんかどうでも良いです。
見た目が全てになります。なので、まずはあなたが一番いけてると思う服とメイクをして全身が映る鏡の前に立ってみましょう!
どうですか?
やっぱ無理って思ったでしょう。
でも大丈夫、みんな思うんだから。
じゃあどうすれば良いでしょう。
答えは簡単、プロに教えてもらいましょう。
簡単に外見を変身させちゃいましょ
メイクであれば、デパートのメイクコーナーでメイクのコツを聞いてみましょう。
多分、いや間違えなくこれだけで変わります。
私も初めは勇気を出して、デパートのメイクコーナーでメイクをしてもらって、綺麗な店員さんが「お綺麗ですよ」って言ってくれたのが、衝撃的すぎでした。マジであなたが自分をブスだと思っているのなデパートは行くべき!
あとはこの要領で、服屋さん・美容院と回ればたった1日であなたは180度変わりますよ。
これが、恋愛テクニック初級編。人間は初対面の数秒でその人の印象を頭にインプットします。
なので外見を整えることが、実は一番初歩的で効果的なテクニックといえるでしょう。

【中級編】ブスからモテ女へ変身する恋愛テクニック〜話す


中級編は、ちょっとレベルが上がります。
外見だけ変えても人とコミュニケーションを取らなくては何の意味もありません。
なので今回は、前回で習得した外見で外に出てみましょう。ハードル高いと思いますが、いきなり他人はと思う人はまずは友人に会ってみてください。きっと自身がつくと思いますよ。
徐々に自信をつけていったら、今度は恋愛対象になる異性へ会いに行きましょう。
もし出会いがないって、感じる人がいるのなら出会いについてまとめた記事があるので、参考にしてみてくださいね。

<女性編>出会いの前にチェック!美容師に聞いた好印象ヘアーのポイント

2018年7月5日

【出会いのない人必見】実はあった!独身男女の出会いの場5選!

2018年6月27日

出会いの場はここ?!婚活成功者が出会った場所ベスト5!

2018年6月26日
さて、ここからが本番です。
恋愛テクニックだから異性がいなきゃ意味ないので異性と会っている設定で恋愛テクニックを伝授します。
まずは、あなたは男性を目の前にして緊張していることだと思います。
緊張していることを男性に話しちゃいましょう!

ここでお教えするテクニックは、緊張しすぎているであろうあなたに駆け引きとか無理だと思います。
逆に他のサイトで書いてあるようなことを、素人がやるとかえって嫌われる可能性が高くなります。
なのでここは素直に自分の事を話していきましょう。話題は緊張している事や、自分の事をブスだと思っていること、
全部全部本音で良いと思います。
自己開示というのは、聞いた相手も同じ程度の自己開示をしてくれます。これ、確か何ちゃらっていう心理学の法則を利用してます。
ごめん名前忘れた。。
なので、まずはあなたの方から自分事を話してみるようにしましょう。
結構いい感じに言葉のキャッチボールが続いていくと思いますよ。
正直に話すというのは一番スタンダートで、無理がない恋愛テクニックなのです。

【上級編】ブスからモテ女へ変身する恋愛テクニック〜聞く


ここはブスからモテ女へなるための上級恋愛テクニック編です。
前の章を読んでいない方のために簡単におさらいも兼ねて、振り返ってみましょう。
初級編では、1日で外見をモテ女に変更する方法。
中級編では、異性との最強のコミュニケーション術をお伝えしましたね。
正直。中級編まで出来れば、普通に彼氏ができてもおかしくないレベルです。ただここでは、さらにモテるためのテクニックを紹介していきます。
男性の前で緊張してしまう人等は、このテクニックを使うことはできないと思うので、中級編までで恋愛に臨んでくださいね。
さて今回の上級編は、ズバリ「聞く」です。
よく聞上手がモテ上手って言葉を耳にしますが、これはなんででしょうか?
男性は少なからず、自分を認めてほしいと言った欲求を持っています。
なので、この欲求をうまく使った返しを積み重ねるだけで、あなたの印象を簡単にアップさせることができます。
では具体的にどうやって聞いて行けば良いのでしょうか?
心理カンセラーなども使うテクニックなんですが、全体的に会話を散らしていきます。

初対面の男性であれば、好きな料理は?好きな音楽は?どんなところで育ったとか?
質問を端的に何個もすることで、相手の男性がどの話題の時が一番楽しそうに話しているのかを見つけましょう。
見分け方は、ちょっと早口になったり、声のトーンが上がったり、身振り手振りが大きくなったりします。
その話題を見つけたらもうあなたの思いどうりになったも同じです。
話している合間で、優しく頷き肯定してあげましょう。4回に1回ぐらいの割合で否定を入れると尚良いです。
全てを聞いているだけで全部肯定してくる女性は男性からしたら面白くありません。
なので、一度軽く否定してあげてから、わざと相手にに論破されるようにしましょう。
このテクニックは超絶効きます。多分男性からしたら自分の意見に対して反発してくる人を論破するのはきっと快感に違いありません。
ここまでくると相手の男性は、あなたとの会話に夢中になっているはずです。あとはお好きなようにコントロールしてあげましょう。
ただ、もし男性が楽しそうに話している話題に、あなたがまったく興味を持てない場合は、合わないと思ってもらって良いと思いますので、適当に切り上げて話題があう人を探した方が良いでしょう。

この記事のまとめ


はい!ここまでの記事はいかがでしたか?今回は超初心者向けに具体的な外見・話す・聞くといった恋愛テクニックの解説と、無事部はブスだと思い込んでいる人の壁をぶち壊す方法を書いてきました。
もしあなたの周りが、あなたのことをブスキャラ認定していてあなたがブスを卒業したいのなら、環境を変えるのが良いと思います。正直ここまでくると、もう自分力ではどうしょうもできません。
なので、最善策は初級者編で説明した方法で、外見を手に入れて誰も知らない土地へ引っ越しましょう。
きっと理想の生活を手に入れることができると思いますよ。
ここまでお付き合いいただきありがとうございます。
あなたの恋愛ライフが良いものになるように心からお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です